ユニフォーム作りの注意

女性

よく確認して注文しよう

業者に制作を依頼するオリジナルユニフォームは、作る手間がいらないので便利です。特に通販を利用すると、製作費用が安い上にお店に出掛ける必要がないのでその分負担がなくてすみます。ただし通販ではオリジナルユニフォーム作りの際に、現物が確認できないのでその点に注意が必要です。確かにPCやスマートフォンのモニター画面である程度は確認できますが、実物と誤差ができるのは避けられません。その誤差を埋める方法として、最近はサンプルを期間限定で貸し出してくれるところもあります。そうしたものを利用して、できるだけイメージ通りのオリジナルユニフォームを作るようにしましょう。またサイズが会わないということも往々にしてあるので、サンプルでフィッティングしておくのも忘れずにしましょう。ぴったりサイズのオリジナルユニフォームなら、動きやすくシルエットもきれいなので見た目にもいい印象を与えてくれます。他にもオリジナルユニフォームに使われている染料の種類を確認しておくことも大切です。まれに触れた部分の肌がかぶれたり色写りする可能性もあるため、その点を業者に確認しておいた方がいいかもしれません。その上で著作権の発生するような既製のキャラクターやデザインをオリジナルユニフォームに使用しないようにしましょう。もし意図的に著作物を使用したいのであれば、権利を持っている人物と使用料や条件の交渉をしなくてはいけません。その場合はオリジナルユニフォームの製作費用が上がることになるので、その分も予算に組み込むようにしましょう。